やばたに園

やばたに園

Twitter:@9ra25 

【SWSH】シーズン2 最終17位

 

【使用構築】

f:id:kuninipoke:20200201163222j:image

 

 

【構築経緯】

採用順1→7

 

1.ドリュウズ(砂かき)

現環境で最も強いポケモンの1匹であると感じた砂かきドリュウズから構築をスタートしました。

 

2.トゲキッス

ドリュウズを通しにくい明確な物理受けがいる構築に対して刺すために採用。

 

3.カビゴン

ドリュウズトゲキッスを通す上で1番良いクッションはカバルドンなのですが、15分でTODが可能な今期のルールでは相手を倒せないクッションは一方的に削られるだけで弱いと判断し、カバルドンではなくカビゴンを採用。

 

4.ミミッキュ

カビゴンで荒らした後の強力な詰め筋として採用。

 

5.ドラパルト

スカーフドラパルトと厚い脂肪カビゴン2匹でヒヒダルマに安定するため採用。

 

6.ドリュウズ(砂かき→型破り)

トゲキッスに崩しを一任すると受け回しやTODを目的とした構築にタイプ受けで時間を稼がれTODで負けるケースが多く、ドリュウズを型破り剣の舞型に変更。

 

7.カバルドン

ドリュウズが安全に剣の舞を詰める対面を作り出すため、すなじごくカバルドンを採用。カバルドンが削られてもドリュウズが剣の舞をした瞬間試合が終わるため、カビゴンのところで述べた弱点が気にならなくなりました。また、カバルドンドリュウズと並べ取り巻きも自然にすることで砂かきドリュウズを警戒させ、ドリュウズの型を悟らせないようにもすることもできます。

 

 

【単体紹介】※ダイマックス=DMと表記

 

f:id:kuninipoke:20190905195514g:plain

カバルドン@オボンの実

○性格:腕白

○実数値:212(228)-132-172(148+)-×-109(132)-67

○技構成:地震 ステルスロック あくび 砂地獄

◇HB-A211ガラルヒヒダルマの氷柱落とし確定耐え

◇HD‐C177拘り眼鏡サザンドラの流星群確定耐え

拘り鉢巻以外の意地っ張りヒヒダルマはほとんど存在しないですが目安として

使い慣れた調整で使用

 

すなじごく…4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、その間相手は逃げたり交代できない。

ドヒドイデやヌオー他火力のない受けポケモンを砂地獄で捕まえ、強制的に眠らせた後ドリュウズの起点にします。最速起き×熱湯一発火傷を引かれない限りは勝てた印象です。

命中率が85%と少し気になりますが、2回うてることが多いのであまり問題はないと感じました。

 

 

f:id:kuninipoke:20200101121136g:plain

ドリュウズ@命の珠

○特性:型破り

○性格:陽気

○実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252+)

○技構成:地震 シャドークロー アイアンヘッド 剣の舞

 

カバルドンの説明で書いた通りです。シャドークローは型破りダイホロウでアーマーガアのミラーアーマーを貫通してBを下げれる点を評価して採用しました。

 

 

f:id:kuninipoke:20200101120435g:plain

ドラパルト@拘りスカーフ

○特性:すりぬけ

○性格:控えめ

○実数値:173(76)-126-114(148)-167(252+)-96(4)-166(28)

○技構成:シャドーボール 流星群 大文字 蜻蛉返り

◇HB-A142命の珠ミミッキュの+2影うち93.75%で耐え

◇HD-DM時C177サザンドラのダイドラグーン確定耐え

◇S-最速サザンドラ抜き

 

アーマーガアを意識して特殊型で採用。ここまで耐久にふることによりカビゴンの裏に置く詰め筋としても使えるようになります。

 

 

f:id:kuninipoke:20200101121244g:plain

ミミッキュ@呪いのお札

○性格:陽気

○実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252+)

○技構成:じゃれつく ゴーストダイブ 影うち 剣の舞

 

命の珠がとられているため呪いのお札で採用しました。

 

 

f:id:kuninipoke:20200201154113g:plain

カビゴン@食べ残し

○特性:厚い脂肪

○性格:腕白

○実数値:257(172)-130-128(252+)-×-141(84)-50

○技構成:アームハンマー 雷パンチ あくび 守る

◇HP-16n+1 食べ残し回復効率最大

 

ウエポンはギャラドスを倒すorミミッキュの圏内にいれるための雷パンチとヒヒダルマをドラパルトの蜻蛉返りを絡めることでよほど低乱数をひかなければ倒せるアームハンマーを選択しました。クッションカビゴンミラーに強い点もアームハンマーの利点です。

 

 

f:id:kuninipoke:20200201154124g:plain

トゲキッス@拘り眼鏡

○特性:てんのめぐみ

○性格:控えめ

○実数値:161(4)-×-115-189(252+)-135-132(252)

○技構成:エアスラッシュ マジカルシャイン 大文字 草結び

 

だいたいのカバルドンをワンパンできることとカビゴン入りが多かったのでできるだけ負荷をかけていける拘り眼鏡で採用しました。

強い型ができっていない現環境では、強いポケモンで汎用性があり、相手の考慮外の型を使うのは重要だと思います。

 

 

【成績】TN:925 最終17位

最終日とその前日の120戦ほどのうち途中での降参を含めたTOD勝ち3回負け1回

 

f:id:kuninipoke:20200201163257j:image

f:id:kuninipoke:20200201163301j:image

※2枚目は午前8時20分時点の画像、以降放置

 

 

【参考記事】

ドリュウズの型は以下の記事を参考にしました

8gシーズン1 - Melty

【ガラルシングルシーズン1】バンギガア展開【最終12位】 - 昼間の星

 

【SWSH】シーズン1 最終18位

 

【使用構築】

f:id:kuninipoke:20200101125404j:image

 

 

【コンセプト】

ステルスロックからダイマックスエースを通すか、初手ダイマックスで1.5体以上倒し裏の対面性能高めのポケモンで詰め切る展開のどちらかを目指す

ダイマックス前提のポケモンは採用せず、切っても切らなくても強いポケモンで固める

 

 

【単体紹介】

 

f:id:kuninipoke:20190905195514g:plain

カバルドン@オボンの実

○性格:腕白

○実数値:212(228)-132-172(148+)-×-109(132)-67

○技構成:地震 ステルスロック あくび ふきとばし

◆HB‐A211ガラルヒヒダルマの氷柱落とし確定耐え

◆HD‐C177拘り眼鏡サザンドラの流星群確定耐え

 

ステルスロックと砂が撒けるポケモンの中でクッション性能の高さを評価して採用しました。持ち物は行動回数が増やせるオボンの実。

 

  

f:id:kuninipoke:20200101121136g:plain

ドリュウズ@命の珠

○特性:砂かき

○性格:陽気

○実数値:186(4)-187(252)-80-×-85-154(252+)

○技構成:地震 岩雪崩 アイアンヘッド 瓦割り

 

コンセプトの1つである

ステルスロックからダイマックスエースを通すか、初手ダイマックスで1.5体以上倒し裏の対面性能高めのポケモンで詰め切る展開のどちらかを目指す

を両方こなすことができるダイマックスエースとして採用しました。持ち物はステルスロックや砂を絡めてダイマックス後ギャラドストゲキッスを一撃で落とせることに注目し、命の珠を持たせました。ASアーマーガアの個体数が増加していたことも追い風でした。

 

 

f:id:kuninipoke:20190408210402g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡

○性格:臆病

○実数値:167-×-111(4)-177(252)-110-165(252+)

○技構成:悪の波動 流星群 大文字 ラスターカノン

 

ドリュウズが受けに強くないので、受けに強いかつ汎用性のあるポケモンとして採用しました。アーマーガアとロトムを1撃で倒せることとステルスロックを絡めて一貫を作りやすいことに注目し、拘り眼鏡で採用しています。

 

 

f:id:kuninipoke:20200101121244g:plain

ミミッキュ@呪いのお札

○性格:陽気

○実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252+)

○技構成:じゃれつく ゴーストダイブ 影うち 剣の舞

 

カバルドンを出すと後手にまわるptに対して選出する対面駒1。命の珠がとられているのと、珠ダメがかさみ相手のミミッキュの珠かげうち圏内に入ることが嫌だったため呪いのお札で採用しました。

 

 

f:id:kuninipoke:20200101120435g:plain

ドラパルト@気合の襷 

○特性:クリアボディ

○性格:無邪気

○実数値:163-172(252)-95-121(4)-85-213(252+)

○技構成:ドラゴンアロー ゴーストダイブ 大文字 不意打ち

 

対面駒2。初手サザンドラのダイドラグーンに対して安定させるためクリアボディで採用。ヒヒダルマをドラゴンアローと合わせて縛るために不意打ちを採用しましたが、考慮してくるプレイヤーがかなり少なく想像以上に有用な技でした。

 

 

f:id:kuninipoke:20200104071940g:plain

 アーマーガア@食べ残し

○特性:プレッシャー

○性格:陽気

○実数値:205(252)-107-125-×-106(4)-130(252+)

○技構成:ブレイブバード ビルドアップ 挑発 羽休め

 

サザンドラと合わせて受け回しを崩せるかつ汎用性の高いポケモンとして採用しました。最速アーマーガアミラーで優位に立つのとドヒドイデの熱湯などのPPを枯らすために最速プレッシャー食べ残しで採用。ミラーに近い並びにも選出しました。

 

 

【成績】TN:925 最終18位

 

f:id:kuninipoke:20200101123748j:plain

f:id:kuninipoke:20200101123801j:plain
※2枚目は1月1日午前6時頃の画像、以降3時間放置し18位

 

【USM】シーズン16 最終5位

 

お久しぶりです、くにこです。

S16で使用していた構築を紹介します。

暇なときにでも読んでもらえたら嬉しいです。

 

 

【使用構築】 

f:id:kuninipoke:20191005060428p:plain

 

 

【構築経緯】

環境の変化と型バレにより長い間使用し続けてきたメタグロス軸ではレート2100付近まで行くのが限界だと感じ、軸から組みなおすことに決めました。

その上で意識したのは主に以下の2つの点です。

 

1.終盤上位で流行るであろうパーティーを予想し、それに対して汎用性を損なわない程度に並びでメタを張る

 

S15ではメタグロス軸とリザードン軸が減少し、ボーマンダ軸のさらなる増加、それに対して強いポリゴン2+グライオンなどの受け構築の台頭が目立ちました。これはS16でも続く可能性が高いと感じ、まず第一に最も流行ると感じたボーマンダ軸であるf:id:kuninipoke:20190904095333p:plainf:id:kuninipoke:20190904095440p:plainf:id:kuninipoke:20190904095508p:plainf:id:kuninipoke:20190412210312p:plain+(f:id:kuninipoke:20190412210341p:plainf:id:kuninipoke:20190905192544p:plain)を意識し、ボーマンダミミッキュギルガルドのクッションになる半分回復実カバルドンf:id:kuninipoke:20190904095333p:plain、ミラーに強い最速両刀ボーマンダf:id:kuninipoke:20190904095440p:plain、瞑想カプ・レヒレに対面で打ち勝てる物理ギルガルドf:id:kuninipoke:20190904095508p:plainの3体を軸にして構築を組み始めました。並びでのミラーに強い型を採用することで試合を有利に展開することを目指しました。

上記の3体を軸にする上で特殊アタッカーに不安があったので類似する下記の構築を参考にし、ボーマンダの技構成とHDポリゴン2f:id:kuninipoke:20190412210341p:plainの採用を決定しました。

【USM】シーズン10使用構築 ガバガバカバマンダ【最終2155-4位】 - Red Wonderland

 

2.今まで使い続けてきたパーティーの強い部分を残す

 

長く使ってきた最速怒り挑発カプ・レヒレf:id:kuninipoke:20190412210312p:plain拘り眼鏡サザンドラf:id:kuninipoke:20181216062555p:plainは受け構築に非常に強く、受け構築が辛くなりがちなカバルドンボーマンダギルガルドの並びにうまく組み込めると考えました。特に最近の受け構築では十中八九ミミッキュが採用されているので、積み技を採用せずに崩せる点も強力であると感じました。経験というものは大きく、慣れていないポケモンばかりを使うよりは長く使ってきたポケモンを組み込んだ方がミスも減ると思い、採用に至りました。

 

 

【単体紹介】

 

f:id:kuninipoke:20190905195514g:plain

カバルドン@フィラの実

○性格:腕白

○実数値:212(228)-132-171(140+)-×-110(140)-67

○技構成:地震 ステルスロック あくび ふきとばし

◆HB-A143ミミッキュの+2ミミッキュZ確定耐え

◆HD-C179アーゴヨンのドラゴンZ確定耐え

 

よくある調整のカバルドンです。ミミッキュを意識して慎重ではなく腕白で採用しました。クッション、切り返し性能が非常に高いです。

 

 

f:id:kuninipoke:20190905201206g:plain

ボーマンダボーマンダナイト 

○性格:無邪気

○実数値:171(4)-180(116)-151(4)-157(132)-99-189(252+)

○技構成:捨て身タックル 地震 大文字 流星群

◇調整はこちらのものをベースにさせて頂きました。

【USMシーズン9使用構築】カビマンダレヒレ【最高最終2160/最終14位】 - 日々精進

 

ミラー意識での最速、流星群を採用しました。Sを最速にしたことによりAを削らなければならず、恩返し、八つ当たりでは火力が足りない場面が多くなったため捨て身タックルを採用しました。反動が原因で負けた試合はほとんどなかったのでこれで正解だったと思います。

 

 

f:id:kuninipoke:20190310022056g:plain

ギルガルド@ハガネZ

○性格:意地っ張り

○実数値:157(172)-112(252+)-170-×-170-91(84)

○技構成:アイアンヘッド 影うち キングシールド 剣の舞

◆H-A197霊獣ランドロス地震確定耐え

◆S-ミラー意識

 

キングシールドがあるとミミッキュ他多くのポケモンに択次第で勝てるようになるので、技スペースが足りないゴーストZよりも鋼Zの方が適任であると感じました。増加傾向にある変幻自在身代わりゲッコウガに対しても技が透かされることはなく、選出率も非常に高かったです。

 

 

f:id:kuninipoke:20190310022705g:plain

カプ・レヒレ@オボンの実

○性格:臆病

○実数値:176(244)-85-136(4)-116(4)-151(4)-150(252+)

○技構成:ムーンフォース 叩き落とす 自然の怒り 挑発

 

カビゴンの処理ルートを増やすために叩き落とすを採用しました。この構築ではギルガルドの選出率が高く、2Z選出になりやすかったのでカプZではなく回復木の実を持たせました。初めは半分回復実を使っていたのですが、思ったより発動機会が少なかったことと、木の実発動圏外から処理しようとしてくる相手の動きにアドが取れないため、オボンの実を持たせてみましたが、ほぼ確実に発動するため使いやすく強かったです。

 

 

f:id:kuninipoke:20190408210402g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡

○性格:控え目

○実数値:167-×-110-194(252+)-111(4)-150(252)

○技構成:悪の波動 流星群 大地の力 気合玉

 

ステルスロックや自然の怒り+挑発から繋ぎ、一貫性のある拘り眼鏡悪の波動で相手の受けサイクル(ポリゴン2グライオンなど)を破壊します。同時に採用されがちなゲンガーやメタグロスなどにも強めなのが良い点です。ほぼ悪の波動と流星群しか打ちませんでした。

 

 

f:id:kuninipoke:20190310022321g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

○特性:アナライズ

○性格:生意気

○実数値:191(244)-100-112(12)-125-161(252+)-72

○技構成:恩返し 冷凍ビーム 電磁波 自己再生

 

ボーマンダギルガルドが特殊に薄めな型なので特殊全般に強いHDポリゴン2を採用しました。選出率はあまり高くなかったものの、出した試合はほとんど活躍してくれて無難に強かったです。

 

 

【成績】2145-5位

 

f:id:kuninipoke:20190905222717p:plain

f:id:kuninipoke:20190905222504j:plain

 

【USM】シーズン14 最終16位

 

ボンジュール、くにこです。

S14で使用していた構築を紹介します。

自分がずっと使っていた軸の1つの結論だと思っているのでよければ見ていってください。

 

 

【使用構築】  

f:id:kuninipoke:20190618172516p:plain

 

 

【構築経緯】

HDに寄せたメタグロスf:id:kuninipoke:20190212173234p:plain+HB霊獣ランドロスf:id:kuninipoke:20190412210301p:plainの詰め性能に注目し、この2体を軸として採用しました。残り4体は対面性能が高めで、ランドロスとサイクルを回しやすいポケモンを選択しました。

 

  

【単体紹介】

 

f:id:kuninipoke:20190408210603g:plain 

メタグロスメタグロスナイト 

○性格:意地っ張り

○実数値:173(140)-211(212+)-171(4)-×-145(116)-135(36)

○技構成:思念の頭突き バレットパンチ アームハンマー 地震

◇調整はこちらのものをお借りしました。

【S10 最高最終2132】お祈りグロスレヒレ 【最終12位】 - アルバのブログ

 

対面でZ持ちの特殊ポケモンにも打ち勝つことを重視し、HADベースで使用しました。Sを落とした弊害として、気合の襷やゴーストZ持ちの準速ミミッキュに勝てなくなりましたが、ランドロスを絡めることで問題なく処理できると判断しました。ギルガルド入りにも出していけるように地震を採用しました。

 

 

f:id:kuninipoke:20190408210402g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡

○性格:控え目 

○実数値:167-×-110-194(252+)-111(4)-150(252)

○技構成:悪の波動    流星群    大地の力    気合玉

 

受け気味の構築に対して高火力を押し付けるため、拘り眼鏡で採用しました。後述のカプ・レヒレで特殊受けを倒すor削り、サザンドラを通すルートが強力です。タイプ一致技以外ほとんど打ちませんでした。

 

 

f:id:kuninipoke:20190528020443g:plain

ランドロス(霊獣)@ゴツゴツメット

○性格:腕白

○実数値:196(252)-166(4)-156(252+)-×-100-111

○技構成:地震 岩石封じ 蜻蛉返り 毒々

 

メタグロスバレットパンチカプ・レヒレのカプZと相性が良く、削りを行えるゴツゴツメットで採用しました。メタグロスが準速ミミッキュより遅いため岩石封じを採用しています。

 

 

f:id:kuninipoke:20190310022705g:plain

カプ・レヒレ@カプZ

○性格:臆病

○実数値:175(236)-×-135-118(20)-150-150(252+) 

○技構成:ムーンフォース しおみず 自然の怒り 挑発

 

メタグロスランドロスカプ・レヒレで最も広く戦える選出になります。初手での対面性能、削りを重視し、最速カプZで採用しました。受けに強いのも非常に良い点でした。

 

 

f:id:kuninipoke:20190412210522g:plain

ヒードラン@拘りスカーフ

○性格:臆病

○実数値:166-99-126-182(252)-127(4)-141(252+) 

○技構成:オーバーヒート ラスターカノン 火炎放射 ストーンエッジ

 

リザードンY、ウルガモスなどこの構築のきついポケモンほとんどに強かったので採用しました。リザードンY+メタグロスorルカリオのような2メガ構築に対し、どちらのメガ枠が選出されても有利に試合を進められ、カプ・コケコやメガゲンガーの上をとれるポケモンが1匹は欲しかったので拘りスカーフを持たせました。

 

 

f:id:kuninipoke:20190528021259g:plain

デンジュモク@電気Z

○性格:控え目

○実数値:187(228)-×-94(20)-220(52+)-100(68)-121(140)

○技構成:10万ボルト めざめるパワー氷 草結び 蛍火

◆HD-C252振りカプ・コケコの+1 EF化10万ボルトZを87.5%で耐え

◇調整はこちらのものをベースにさせて頂きました。

S3使用構築 臆病カミツルギ入りランドカビゲン 最高2136 - 楽しんでポケモンしよう

 

初手のカプ・コケコに対して数的有利をとるため従来の電気ZデンジュモクのSを落としDに割きました。この調整は正解でカプ・コケコ+ボーマンダ+鋼のような並びへの勝率をかなりあげることができました。共有カバルドン(腕白・H228-B140-D140振り)をランドロスの蜻蛉返りを絡めてほぼ落とせるため、エナジーボールではなく草結びを採用しています。

 

 

【成績】2160-16位

 

f:id:kuninipoke:20190623004829p:plain

f:id:kuninipoke:20190611111427j:plain